メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 1.卓球とは 面白いメール >>

WBC宮崎キャンプ観戦

2009 2-22  宮崎サンマリンスタジアム は熱気に満ちていた。
b0056282_19161798.jpg

b0056282_1275798.jpgb0056282_1262653.jpgb0056282_1292064.jpg








b0056282_12122018.jpgb0056282_12134075.jpgb0056282_12142421.jpg








宮崎キャンプ最終日は日曜日とあって 混雑を予測した主催者側は
サンマリンスタジアムの駐車場を閉鎖し一般車を受け入れなかった。

宮崎市大淀川の河川敷  宮崎港  オーシャンドームなど 数箇所の駐車場を準備し
無料のシャトルバスを運行する。 
その時に入場整理券を配布するという情報を元に 前夜宮崎入りした私たち7名は
佐土原で事前予約していたホテル3部屋にチェックイン後  宮崎港の駐車場を確認に向う。
夕食を済ませ 幼児を含む5名はホテルに戻り仮眠を取る。
私と娘は 宮崎港へ引き返し車列に並んだのが 20:10 47台目であった。
21:00駐車場開放 ガードマンの指示に従って 道路に近い場所を確保した。
同時に 娘は 折り畳みの椅子を持って バス乗り場の歩道に並びに走る。
少し遅れて シュラフとマットを持って私も娘を追った。
数えてみると先頭から100人足らずの場所だ。
そこで昨夜ならんで整理券をもらえなかったので 今夜は早めに来たという 人に出会い
事情を聞く。 並んだ二人は問題なくチケット入手は可能だが ホテルで待機の5名分が問題なので
早速連絡を取り 暫く仮眠したら駐車場へ来るように伝える。
その間に駐車場の車も徐々に増え チケットを求める人の長蛇の列ができた。
断熱マットにシュラフ 雪山でも眠ることのできる体制で臨んだ私たちは 歩道に足を伸ばして休むことができたが 毛布持参の方たちは あちこちでくしゃみをしたり咳き込む人も見られた。
ホテル組みも 寝ている子供を連れて 午前1時に駐車場に到着。
これで一安心 シャトルバスが6時からということなので 5時まではゆっくり休める体制が整った。
続きは Moreをクリック





22日5:00 目覚めた 球場へ持ち込むカメラや雨具の準備をし 車道に出ると数台のバスが停まっていた。
そのあとも続々とバスの車列が・・・ 急いで同行者を起こし準備を整えたのが5:30 係員の指示でバス乗り場に並ぶ。  私たちは4台目の先頭だった。 6時少し前に予定を早めて球場に向う。
到着すると 先発の3台のバスから人が降り始めたところだった。
私たちはバスの一番前の席だったので先着組みより 前のほうde
ゲートに並ぶことができた。
ラッキーと思いながら待つこと20分。
8時開場の予定が 6:45にゲートが開き 球場内へ・・・
整理券は 内野席1階との指示だけで あとはフリーなのだ。
係りの誘導は ジャパン側の内野席前のゲートだったので 観客席はまだ誰もいなかった。
幸運なことに 1塁ベースより 少しだけ外野より に 席を確保した。
通路を挟んで 3席と4席に別れ後の行動がしやすい状況になったので 早速カメラの点検を・・
これは困った・・ 目の前に直径3ミリ程度の網のフェンスがあり これが写ってしまう。
コンパクトカメラではどうにもならないが フェンスに近づけば隙間から狙える。
一眼レフでも フェンスに近づけば問題何のだが その撮り方はやはり マナー違反である。
そこで 何度もバッターボックスと お目当てのライトの守備位置 にレンズを向けながら
ベンチから ネットをかわす工夫を凝らした。
しかし 本番で撮るとなると3回に2回はフォーカスの焦点が金網に懸かってしまい シャッターチャンスを逃してしまう。 
そこで 2階席の一番上段に上り上から下向きに何枚かゲットしたが ここでは距離がありすぎて
500mm以上なければ表情までは捉えきれない。
グランド内に入った報道カメラマンが羨ましい。

※ 練習開始
真っ先にグランドに姿を現した マリナーズのイチロウ選手は ファーストとライトの中間地点の芝の上を軽く走りながら 入念なストレッチ  その後他の選手も現れるが その存在感が全く異なる。
なぜなのか? 多分その動き一つ一つに そう感じさせる何かがあるのかもしれない。

※ フリーバッティング
第一クルーの トップはイチローで 初球はバント ふと眼を離したそのとき 大きな歓声が沸き起こった。
ボールがライトスタンドに吸い込まれていくのが見えた・・・

※ シートノック
ここでイチロー独特ののファンサービス バックハンドキャッチや 後ろ向きでのキャッチ
1球ごとにファンの歓声が沸き起こる  オリックス時代のイチローを一度見たことがあるが
比較にならないほど ファンに見せるためのプレーを意識しているように思えた。
試合といっても練習試合 なのにこれだけ多くの観客が来てくれる
だから自分の持つ技術を披露している 
それを見た観客は感動と満足をお覚える。
まさにグランドの選手と スタンドが一体化し球場全体が盛り上がっているのだ。

おそらく他の選手も大きな影響を受けているに違いない。

※ ジャイアンツとの練習試合
11:30試合開始  ピッチャー涌井のできはあまりよくないと見た 今後調整してくるだろうが
何だか締まらないゲームの予感が・・・

7番 福留  の満塁アーチ が飛び出した。
9番 岩村は エラーを帳消しにするかの一振りでこちらもスタンドイン。
本番では 多分 城島が8番に入るだろう!
メジャー3選手の下位打線は相当な威力になるだろう。

その他で 目立ったのは 途中交替の 川崎 それから中島といったところ。
イチローの鋭い当たりはセンターの正面をついていた。
ヒットこそないが 安定した守備 練習でのバッティングをみていると 不調というわけではなさそうだし
やはり本番では中心になる選手だと思う。

それにしても 練習試合とはいえ 10:0  13:1 と連続大敗のジャイアンツは何か草野球を見ている気がした。 

全体として ジャパン代表の野手組みはおそらく問題なく活躍できるのではと感じたが
ピッチャーを見ると 今の人選だと 数名のピッチャーが 中継ぎに廻ることになるのは必然。
チームでは先発選手が多く  玉数制限のあるWBCでは 中継ぎ経験者が必要なのではないかと見るのは素人考えなのか?  先発と中継ぎでは当然準備の仕方が異なるはずだし 慣れないポジションで実力が出せればよいのだが・・・

途中降雨のため7回で終了!

これだけのメンバーが揃うゲームは今後見る機会が多分ないだろう。
一流選手のパフォーマンスに 前夜の苦労も吹き飛んだ。
しかし 帰りの雨は堪えた。
途中で眠った5歳の孫を抱き シャトルバスの列に並んで約30分 バスに乗ったが補助席で
孫を抱いたまま30分 宮崎港のパーキングに戻ると雨脚はさらに激しく・・・涙
体がぐったりするほど力が抜けて熟睡していた孫が 車に乗ったとたん目覚め大はしゃぎで岐路に着いた。




 
[PR]

by sen1949 | 2009-02-23 12:39 | photo

<< 1.卓球とは 面白いメール >>