人気ブログランキング |
メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 広峰山の桜 マンサク開花 >>

孫と二人で山歩き

4月3日 阿蘇は快晴!
9時少し前に出発  6歳の孫(この春1年生になる孫娘)と上天草の今泉を目指す。
目的は 太郎丸嶽登山。
今まで 孫が2歳の頃から 九重方面を歩いていたが 山頂まではたどり着けなかった。
今回は 比較的易しい山で 山頂まで登る楽しさをと考え 「開聞岳」を選んだのですが
この時間帯からの日帰りは無理があると判断し 天草へ・・・
11:00登山口  準備後山頂を目指す。
途中 畑仕事のおばあさんに 孫が声をかけると  畑のみかんの木を指差し
「好きなだけもって行って・・」 大きなみかんを2個孫のザックに入れる。
暫く立ち話して 太郎を目指す。
「ちゃん 重い」 コンクリート舗装が終わり 山道に差しかかったころ みかんの重みでずっしりとしたザックを
私が持つ羽目に・・  何箇所かロープが張ってあるが ほとんど不要だった。
山頂手前の岩場で 昼食をとることに そこに孫を待たせて山頂まで行ってみた。
「海が見える」 孫のところに戻り 昼食を摂る。
おにぎり スープ コーヒー いつもの定番だ。
食後 孫と一緒に山頂へ・・  身長1.2m弱の孫にとっては かなりの段差の岩道である。
昨秋「スガモリ越え」での体験が生きる。 難なく山頂へ  大きな岩群の頂上で目を輝かす孫を見て
来てよかった と・・・
下山途中 孫が 「おばあちゃんいるかな」 「もうおうち帰ったのかも」 といいながら・・・
孫が「あのお家かな」 すると その家の軒先で 例のおばあちゃんが・・
「もうそろそろ下りてくると思って待っていた」 とニコニコ。
四半時 お話して 「もう車まで近いから持って行きなさい」と言って また大きなみかんをいただきました。
「ありがとう おばあちゃん」 
帰りは 松島で磯遊び  大矢野で温泉入って 海岸でスケッチ  お土産かって 1日の日程終了。
と言っても 私はそこから阿蘇までのドライブが・・・週末で少々渋滞もあり 帰宅は19:00だった。

※ 今回の山行き  おばあさんとの出会い  孫が知らない人にも挨拶ができるようになった。
  それから 山間を流れる水を見て 何処から来るの? 何処へ行くの? 自然に対する疑問を持ち

「雨が降って 山肌から浸みだし 小さな流れが大きな川になり  海に流れ込む」
そして 「太陽に温められて  水蒸気となり  上空へ  雲となってまた 雨が降る」 という水のサイクルを
学んでくれた。
  みかん  びわ  梅  栗  つつじ  大根の花・・・・などなど 何処まで記憶に残ったかはわからないけどこの次同じ物を見たとき きっと思いだしてくれると思う!
b0056282_9181288.jpg
b0056282_9183078.jpg
b0056282_9185970.jpg
b0056282_919201.jpg
b0056282_9193790.jpg
b0056282_9194973.jpg
b0056282_920698.jpg
b0056282_9201521.jpg

by sen1949 | 2010-04-04 09:24 | 回想(登山)

<< 広峰山の桜 マンサク開花 >>