メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 晩秋の祖母山 屋久島縦走Ⅱ >>

初冬

朝鮮半島緊迫!
それに比べれば 南阿蘇はのどかな光景です!

ルミナスの干し柿
b0056282_11282829.jpg

今年も猿が・・・8個持ち去りました。 160分の8 許せる範囲です。
b0056282_11301126.jpg

一度振り向き カメラに気づくと・・・
b0056282_11304819.jpg

かわいい猿たちです。
現認頭数は60頭ほど・・・姿は見えないけど山の中で鳴き声が。。。。
おそらく100頭くらい いるのでは?????

Moreへ続く・・・・・・↓



北朝鮮の砲撃 いやその前に  韓国の演習に対する警告があったとか?
何れにせよ 無差別の砲撃は 許されるものではない。
よく 「大人の対応」 「冷静な対応」 と言う話を聞くが それが通じなければ 同じことが繰り返される!
何度繰り返せば・・・と思う。
かといって全面戦争をしろというわけではない。
戦争の悲惨さは全人類が知っているはず・・・
「平和に暮らしたい」という多くの人々の感情を逆手にとって 攻撃を仕掛ける北朝鮮の意図がわからない。
多くの評論家たちは いろいろ推測を交えながら話しているが 皆現状分析の域を超えない。
「こう対処しろ」 という言葉が出てこないのはなぜ? それほど難しいことなのだろう!!
関係国の反応も比較的穏やかだ!
しかし 手をこまねいて 時間をかければ 兵器の増強などで より難しい対処が待っているような気がする。
米国もイラクを叩きながら 北朝鮮には手が出せない。
中国を意識してのことなのか?  それとも手を出せば ソウルが火の海になることを恐れているのか?

と言う私も どう対処すれば解決できるのか判っていない。
だから 政治家批判をするつもりもないのだが 国家の安全を担う政府は もっと迅速に毅然とした態度表明をしてほしいと言う願望はある。
これでは 拉致被害者の奪還などありえぬ相談に思えてしまう。
国家のリーダーとは何ぞや? 
政党間の利害抗争に明け暮れる 平和ボケしたわが国 いい加減に目を覚まさないと
本当に 日本沈没の日が来てしまうかも??

日本にも 強力なリーダーが現れることを期待する。
[PR]

by sen1949 | 2010-11-25 11:33 | photo

<< 晩秋の祖母山 屋久島縦走Ⅱ >>