メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 久しぶりの筏つり はかない命 >>

日奈久キス釣り

8月3日 中潮2日目 10:40満潮
KSN 高齢のキス釣り大会 2日14名参加 に引き続き
3日には 7名参加で行われた。

前日夕刻 平国の堤防で アジ子を釣るため竿を出したが 釣れてくるのはいわし子ばかり
19:00ごろ サビキにいわしが掛かったが そのまま海底近くまで沈めたところ まったく異なった当たりが・・
周囲で釣れていたバリにしては余り走らない  しかし結構引いている。
浮き上がってきたのは 30cm強の ヒラメだった。
アジは釣れなかったが 良いお土産ができたので 納竿
日奈久まで戻り 「ばんぺい湯」で入浴ご 漁港岸壁で仮眠を取る。

3日5:00 お湯を沸かし スープとパンの朝食を摂っていると キス釣り参加のメンバーが到着。

6:00乗船  船頭の開設が長い・・・
6:20出港  漁港から数百m沖でつり始める(昨日のメンバーと同じ場所だそうだ)
水深2m弱 昨日すっぽ抜けが多かったとの話を聴き  キス天秤に錘8号 早がけ11号で臨むが くいが渋く 時折はリ掛かりするキスも15cm前後だ。
浅い上に 少し濁りもあり 潮も動いていない。
藻際を流し 船を移動したときに少し当たりがでる程度・・・
9時を過ぎた頃 あまりにも当たりが少ないので  針を8号に変え 錘も6号にして チョイ投げで引き釣りに変更し 誘いをかけると 追ってくるようになった。

ククックーーと竿先を絞める キス独特の当たりだ 軽くあわせを入れると乗ってきた。
まずまずの形だと感じる  ゆっくり巻き取っているといきなり竿先が締めこまれた。
キスの細仕掛けて 竿が悲鳴をあげる。
海面まで浮いてきたのは 60cmくらいは優にある マゴチだった。
タモを取った瞬間 飲み込んでいたキスを吐き出してしまった。仕掛けを上げると18cmのキスがマゴチの飲まれて 弱った姿で・・・・
食いついた キスに マゴチが追い食いしてきたようだ。
今日最大の大物だったが・・海底に戻っていった。

納竿間際にばたばたとキスを追加し やっと目標の20匹を超えた。

潮により 環境の変化によって 食い渋りはあるが 釣りかたによって少しはかバーできるものだ。

22cm~16cmのキスを21匹の釣果
キスつりは 20匹まで(持ち帰って美味しく食べることのできる数)と決めている私にとって
ちょうど良い釣果だった。

10:45納竿  14時帰宅 風がなく 日が射すという 暑さを我慢するつりだった。

船頭付は楽だし それなりの釣果もあるが  やはり自由が聴かない
手前船頭の 手漕ぎボートののんびり釣りが 私のスタイルなのかもしれない。

でも 今回のように 釣り仲間と わいわい言いながらの釣りも 別の楽しみがあるのだ。。。。
[PR]

by sen1949 | 2011-08-05 10:04 | 阿蘇の仙人大漁記

<< 久しぶりの筏つり はかない命 >>