メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 多葉のクローバ ミヤマキリシマ満開の大船山 >>

キス&アジ

梅雨の晴れ間!(雨の降らない梅雨?)
6月12日 急に予定がなくなった  今日は下りの中潮 満潮は11時ごろ・・・
3時半起床 天草に向った。
松島4号橋周辺 いつものフィールド  手漕ぎボートを借りて 漕ぎ出す。
6時半ごろ一つ目のポイントへ・・・ 仕掛けを入れるが音沙汰なし・・
流しながら2投目・・3棟目・・ 餌がそのまま上がってくる。
最初の一時間で17cmのキスが2匹   ポイントを換えるがそこも 毛虫ばかり・・
4回目の移動で キスの当たりがきたが そこもこの1匹のみ あとはトラギスやはぜの仲間ばかり。
時刻は9時を過ぎた  「少々焦り気味」 その後も転々と移動するが各ポイントで1匹づつ追加できる程度。
方も小ぶりばかり 今日はだめかな? と思いつつ 初めてのポイントに入る。
1投目 いきなり絞めこんできた  本日最大の 24cmよく太っている  気を良くしてアンカーを入れボートを固定する。  ここは入れ食いになった。 何とこんなに浅い所で(満潮時で3mほど) ところがあがってくるのは 12cmの方ぞろい  全てリリースサイズだった。
今日は予定の20匹に満たないが 正午になったので納竿した。
キスは不良だったが 巨大ベラ25cm(リリース)が数匹掛かり 引きを楽しませてくれた。
振り返ると 今日は中潮の割りに潮の動きが悪かった。  それからいつもより潮の濁りがあった。
キス釣りにはよくない条件? と釣果に納得の半日だった。
松島でのキス釣りは 釣る楽しみと点在する島々の景色を楽しみながら会場散歩できる利点がある。
貸しボートは(海の都 島崎さん)
b0056282_1103157.jpg


続いて6月14日 この日は2週間前から予定の行動だ
池の浦 だいわ観光 宮川船長 のボートで真鯛つり。
釣り友K氏の車で 午前2時に出発。
天気予報が最初は雨 そして曇り 気をもみながらの予約だった。
なんと出発時の阿蘇は小雨。。。
ところが走り出すと(阿蘇を出ると)星が瞬いている。 晴れなのだ・・・
道中大矢野で 交通事故のため迂回を余儀なくされるが ゆとりを持って早めに出たので定刻30分前に到着。  まだ暗いので車中で待つことに・・・ 5時前明るくなりかけたので 荷物を降ろし船に運んでいると
船長到着。  手続きを済ませ 餌を受け取り乗船。
この間 今日の釣果を創造しながらわくわくする時間帯だ。
ポイントに到着しボートをかけて つり始めるが 暫く音沙汰なし。
数投目 撒き餌が聞いてきたのだろう  竿先が下がった  軽く合わせてみると 微かな手ごたえが・・
真鯛じゃない?  50mの海底から上がってきたのは 25cmのアジだった。
それから 1時間ほど 退屈しない程度にアジが上がる。
潮が緩むと 全くあたりも消え 餌取りの気配も感じない。 
この時点で 20~25cmのアジが5匹・・・  場所を移動したが 全くだめ  最初のポイントに戻って 潮が動き出すのを待つことに・・・・
正午過ぎ ゆっくりと潮が動き始めると 正直なものだ アジのあたりが復活した  32cmの良型アジが来た。  こうなるとげんきんなもので俄然やる気になる。 
目の前に細長い魚影が・・・ 撒き餌につられてサヨリが回遊してきた。 早速 渓流竿を取り出して 仕掛けを入れると 直ぐに食らい付いてきた。 アジをつり合間に10匹ゲット。
と次の瞬間 いきなり竿先が海面に・・  竿をとるが立たない。   根係??  一呼吸おいて再度引き上げると 今度は軽く2mほど上がったが 急に重くなり 5mほど巻いたところで いきなり強烈な引きが・・・
巻き取ったラインがまた延びてしまった。  また動かなくなり・・  様子を見ていた 隣のK氏が タモの準備を・・  「まだいいですよ 時間がかかりそう」 と制しながら  1分くらい引き合ったまま動かない。
数分経ったころやっと 浮き上がり始めたが やけに重い 時折反転してラインが延びる と このようなやり取りを10分あまりしたころ やっと10mを切った  「よっしゃ これは獲れた」 と思ったとき またも強烈な引きが来て ラインを伸ばされた  これが失敗の元  もう一度巻き取ったが 最後の6mのところで 海中のロープに巻かれてしまった。   残念!  最後はラインをきる結末に・・・  久しぶりに良いファイトができた。
取れなかったのは残念だが  後悔はなかった。
横に走ることはなかったので 鮫や頴娃ではなさそう  引き方から巨大な真鯛でもない  想像だが 大きな根魚か ヒラメだったのでは?
仕掛けは PEライン2号 の先に 5号ハリス 真鯛針12号の3本胴付き下籠 竿は いかだ用 やわらかめの2.1m だった。
日が射してて暑い時間帯はあったが 概ね曇りお昼過ぎからそよ風が吹き 過ごしやすいお天気だった
2時過ぎに納竿 真鯛は釣れなかったが アジとサヨリのお土産はできた。
持ち帰ったアジは 早速お刺身で 上手いビールにありつけた。
残りは開いて一夜干しに・・・・・
b0056282_1140461.jpg

[PR]

by sen1949 | 2013-06-15 11:48 | 阿蘇の仙人大漁記

<< 多葉のクローバ ミヤマキリシマ満開の大船山 >>