メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< リフレッシュ 3000mの稜線を歩く後半 >>

3000mの稜線を歩く

2013年7月16日~22日 6泊7日の山の旅
この企画をはじめたのが1月の中ごろ  槍 穂高 を中心に 蝶 常念までを視野に入れて 計16コースの企画書を作る。 途中参加メンバーが決まると コースはかなり限定されてくる。
そうして最終的に絞り込んだのが 目的地 = 槍ヶ岳   ルートは ①槍沢を詰める ②天狗原経由 ③槍平経由 ④燕~の通称表銀座 の4コースだった
梅雨との兼ね合いを考慮しながら 16日スタートを決めた(梅雨明けが例年より早まり 大当たり)
今回のルート決定はスターと数日前  天気図を見ながら  雪渓を歩く 3000mの稜線を歩く そして槍ヶ岳へ・・・・安全に歩けるルート と言うことで 「天狗原~南岳~中岳~大喰岳~槍ヶ岳~槍沢を下る」ことにした。
フェリーの手配 も済ませ 現地情報は主に南岳小屋ブログから入手。 
思いつく準備は全て整った。
今回のメンバーは 私も含めて4名 合計年齢なんと272歳と言う高齢パーティだ。
b0056282_1029508.jpg

16日14:50 荷物を車に積み込んで 阿蘇を発ち フェリーの待つ大分へ向う。
ゆとりを持って大分港に到着ご乗船手続きを済ませて 乗船。
予約しておいた4人部屋に入り 直ぐにバイキングの夕食を摂る  あとは風呂に入って寝ているう
ちに 神戸まで運んでくれる。 なんと優雅な山旅? (若いころはいつも夜行列車か マイカーでの夜間走行だった)
17日 目覚めると ちょうど明石大橋が見えている 懐かしい風景だ。 やがて神戸港(六甲アイランド)に着く。  下船後  魚崎IC~阪神高速を経て 名神~東海北陸自動車道~中部縦貫道を走り 高山 そして平湯には ほぼ予定通り平湯温泉 アカンダナ駐車場に到着した。
当初予定は バスで上高地へだったが 荷物もあるのでタクシーを使った(5600円)
約20分で上高地の着く。  天気はまずまず  観光センターの前でベンチを借り昼食を摂る。
数分で河童橋へ 
b0056282_1135162.jpg

穂高が見えている まだ雪渓が残っている 予想以上!
今夜の宿泊は 横尾山荘  ゆっくり歩いて3時間ほどの行程だ。
小梨平を過ぎ 明神橋が見える頃 えええ なんと冷たいものがポツリ・・ポツリと 雨?
いやな予感が・・ 明神館前のベンチを借りて雨具を着る羽目に・・・。
それでも定刻16:00には横尾山荘にチェックイン9500円(1泊2食) 昔のイメージとは全く異なる立派な建物と綺麗に清掃された館内 だった。
17:30の夕食前に 少し散歩 涸沢に向かう橋を渡る。(このころ小雨 ・・~)
夕食時にまた大粒の雨が・・ これはえらいこっちゃ  明日はどうなる???
はやる心を抑えながら 明日に備えて早めに休む。(時々目覚めて雨の様子を見る)
18日 4:30起床  大雨の音はするが 雨脚は強くない 眠い目を擦りよく見ると 雨どいから溢れた水の音だった(このとき小雨) 5:30朝食  6:00スタート 小雨のため雨具着用(乾燥室のおかげで快適)
悪天候なのでとりあえず 槍沢ロッジまで行ってその後の判断をすることに・・  
b0056282_1122012.jpgb0056282_11234994.jpg一の俣に差しかかるころ青空が覗く いつの間にか雨が上がった。  ラッキー  気圧が少し上がっている 過去の経験から天候回復の兆しだ。 

7:50 槍沢ロッジに到着 雨は上がり 青空が増えている  雨具の上だけ脱ぐことに・・・
8:45 ババ平到着  ここで雨具を脱ぎザックにしまう。  (高度が上がっているのに気圧が上がっている)
b0056282_11403741.jpg
季節はずれ いやここでは普通 桜が咲いていた。
b0056282_11453529.jpg

テントが二張り 雨の中過ごしたのかな?
これから向う 天狗原からの上り横尾尾根が見えてくる
少し休みを入れて もう天候は大丈夫と言うことで 予定通り 天狗原分岐に向けて歩き出す。
晴れまがでたせいか 気分も明るくなる。  数十年ぶりに戻ってきた 懐かしい感じがする。
水俣乗越し分岐で一息入れ リンゴを分けて食べる。
そして天狗原分岐が近づくと(10:30) いよいよ雪渓が現れた。
天狗原分岐到着 11:15 ほぼ予定通り 約10分ほど休憩する ここで槍沢を詰める登山者と別れることに・・・
b0056282_11583318.jpgb0056282_1283648.jpgb0056282_12111510.jpg私たちは 左に進路を取り 雪渓を少し上り 左岸から右岸に向けてのトラバースが始まる。
もちろんアイゼンは準備していたが 雪の状況から不用と判断する。  最初の雪渓は緩やかな斜面だった。
それでも雪になれないメンバーはへっぴり腰になりがちだ。 (軽く蹴りこみながら靴のエッジを聞かせるようにとアドバイス) 飲み込みが早い  これで安定した歩きができる。
ここで 今回の目的地 槍の穂先が見え 皆さん感動!!


急な斜面では 歩きやすいように雪きりがしてあった。  南岳小屋スタッフの皆さまありがとう!
b0056282_1252835.jpg

雪渓を過ぎると 大きな岩がごろごろ その間をぬっての岩登りになる。

こののち 天狗原を通過し(天狗池は雪ノ下で面影はない) いよいよ横尾尾根に差しかかる。
皆息が上がり始めているので小休止!!  エネルギー補給!
b0056282_12541348.jpg

ただいま14:20 予定では南岳小屋のはずが かなり遅れている。 しかしまだまだ天気も良いし
時間もたっぷりあるので・・・・と思っていたのもつかの間  こののち1時間ほど 稜線下部の岩場に差し掛かったとき 濃霧が発生!  何とか足元が見える間に急峻な岩場と梯子は通過できた。
稜線にでると何も見えない おまけに 強風(15~20m)が吹いてきた。
しかしここまで来れば 後は南岳を越えて南側に少し下れば 南岳小屋がある。  ここは4度目の通過点なので 濃霧でも問題ないと・・・・・  そして15:50ようやく南岳小屋に到着した。
長い行程だったが 今回のトレッキングで一番きつい区間を乗り越えた  夕食を取りながら内心ほっとしていた。
19日 4時に目覚めるとおおおお なんと霧は晴れ快晴! 急いで小屋をでて 獅子岩方面に向う
南東の空が薄く赤みを帯びてきた 北穂高の小屋には明かりがついている  そのはるか向こうに うっすらと富士の姿を見る。  ここで仲間を起こしに行くが・・・
徐々に明るさをまし  八ヶ岳が雲海に浮かんでいる  寒さに耐えながら20分ほど ようやく東の稜線が金色に染まり 太陽が顔お出す。  ご来光だ! 感動の瞬間を迎える。
目を移すと 槍ヶ岳の黒いシルエット  重厚は笠が岳  南アルプスの山々が雲に浮かんで見える。 
同行の2名の女性はついに起きてこなかった。この光景を見ない もったいない  昨日の行程がきつかったのか?  肉体よりあの濃霧で精神的なダメージかもしれない。
b0056282_1317144.jpgb0056282_13175291.jpg
b0056282_13191523.jpgb0056282_13201086.jpg
b0056282_1343547.jpg

そして朝食後 6:30 4人揃って南岳で 快晴です  いよいよ今日はメインイベント
南岳~中岳~大喰岳の稜線を歩き 槍ヶ岳に向います。
b0056282_1445497.jpg

8:20 中岳山頂
b0056282_1464443.jpg
 
9:10 大喰岳 から槍ヶ岳を見る
ここから下って 飛騨乗越しの鞍部に降り 最後の上りを槍ヶ岳山荘に向う
9:40山荘到着 (山荘が大きくなっているのにびっくり)ここでザックを下ろし 充分休憩を取って 10:00 槍にアタック開始
b0056282_1420193.jpg
さあもう一息
b0056282_1421988.jpg
鎖場もクリヤーし目の前の梯子を使って山頂へはこの上の2連の梯子を上ります。
b0056282_14211770.jpg

10:28やったーーーー 山頂です  念願の槍ヶ岳全員自力で登頂成功です。

続き 下山は明日アップします 
[PR]

by sen1949 | 2013-07-23 11:28 | 回想(登山)

<< リフレッシュ 3000mの稜線を歩く後半 >>