メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 立山 新年2016-1-1 >>

震災5か月

 4月14日 一回目の大地震  そして二日後  予期せぬ二度目の大地震に見舞われ
多くの方が被災されました。 熊本市 益城町 南阿蘇村 西原村 御船町・・・
断層に沿った多くの町や村は壊滅の集落が出るほど 大きな揺れでした。
 
 KISSの皆さまはいかがでしたでしょうか?
5か月たって復興の動きも加速し始めていますが まだ数百人の方々が避難所暮らしを強いられています。 仮設住宅もかなり完成し入居もされていますが なぜこんなに時間がかかるのでしょうか?

 経験のない予測のできない事態に直面すると パニックになり自分の行動ができなくなる。
人の指示に従って または人の動きを見て追随する 流言飛語に惑わされ余計な心配をしてしまう人も・・・  時間が経過してふと我に返ったとき 自ら行動してきた人との間に大きな差が生じていることに気づく。  不満をぶつける先はどこなのか? 「行政批判」
しかしその行為が 復興を遅らせていることを考えてほしい。

 このような事態は二度と起きてほしくはないが 形を変えて私たちに襲い掛かってくることは避けられません。  その時は 今回の経験が生きることでしょう!
普段からの 心と物の準備ができていれば それほど慌てることもない。
下を向いて逃げるだけでは 何も解決しない。
支援を待つだけでは 復旧はしない。
危機的な初期の儒教が過ぎれば 前を向いて行動する と同時に 遠来の協力者を受け入れることが大切。 今回は初動に大きな失敗があり 得られるはずの協力が半減してしまった。
その結果復興の歩みが非常に遅くなっている。

 5か月という節目もう一度振り返って 自分の行動を確認してほしい。
[PR]

by sen1949 | 2016-09-14 10:32 | 震災関連

<< 立山 新年2016-1-1 >>