メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< 百人一首(1日1首) 百人一首(1日1首) >>

百人一首(1日1首)



なげけとて
  月やは物を
    思はする
   かこち顔なる
     わが涙かな

村雨の 
  露もまだひぬ
    まきの葉に
   霧たちのぼる
      秋の夕ぐれ

この歌は仙人が五歳の時初めて覚えた歌です。
私にとって 百人一首の原点になった思い出の歌・・

難波江の
  蘆のかりねの
      ひとよゆえ
    みをつくしてや
     恋ひわたるべき

玉の緒よ
たえなばたえね
   ながらへば
  忍ぶることの
      弱りもぞする
見せばやな
雄島のあまの
    袖だにも
   ぬれにぞぬれし
      色は変わらず
[PR]

by sen1949 | 2007-06-14 09:16 | 和歌100種

<< 百人一首(1日1首) 百人一首(1日1首) >>