メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<< パソコンのお話 NO6-2 渓流に挑戦 >>

パソコンのお話NO,6-1 「インターネットの脅威」


b0056282_16321014.jpg
マルウェアの解説参考文献
☆ウィキペディア
☆ノートン
☆マイクロソフト







     アドウェア
「以下の内容は 財団法人ニューメディア開発協会 発行の シニア情報生活アドバイザー要請テキストを参考にしています。」

style="color:rgb(255,0,255);">
☆インターネットの安全性や信頼性を脅かす事例

1.盗み読み
2.なりすまし
3.不正アクセス
4.情報の改ざん・窃盗
5.踏み台にした不正アクセス
6.サービス不能攻撃
7.コンピュータ・ウィルス
8.ネット上での詐欺
9.迷惑メール
10.不適切コンテンツ


続きはMore↓をクリックしてください。




☆マルウェア
1.マルウェアとは、malicious software(悪意のアルソフトウェア)の短縮された語で、
単一のコンピュータ、サーバー、コンピュータネットワークにウィルス、またはスパイウェアなどの被害を起こすように設計されたソフトウェア全般を示す言葉として一般的に使用されます。

☆コンピュータ・ウィルス
コンピュータ・ウィルスとは、コンピュータのハードウェアやソフトウェアのセキュリティ上の
欠陥(セキュリティ・ホール)を利用して、ユーザーが知らないうちにコンピュータの内部に侵入してコンピュータのリソースに損害を与える悪意のプログラムです。
これらのプログラムはコンピュータに侵入すると自分自身をコピーして、コンピュータ内で
自己増殖をしたり、プログラムやデータを変形したり破壊することから、生殖体におけるウィルスの働きになぞらえて「コンピュータ・ウィルス」と呼ばれています。
電子メールの添付ファイルやウェブページページの中に組み込まれたウィルスもあります。
新しいウィルスが次々リリースされ、ウィルスはネットワーク経由で侵入する他、USBメモリーやCD・FD等を媒体として侵入します。

 ウィルスの種類
1.トロイの木馬型(Trojan Horse)
2.マクロウィルス (Macro Virus)
3.ワーム  (Worm)
4.ゾンビ (Zombi)

トロイの木馬型
一般的に他のユーザーから電子メールで送られてくるプログラムまたはコードで、コンピュータに侵入して、そのコンピュータのセキュリティを破壊します。
それ自体には自己増殖をしたり、電子メールを自己送信する機能はありませんが、実行時に不正な処理や、ハッカーにBack Officeなどのリモート制御機能を受け渡すものがある。

マクロウィルスVBA(ビジュアル・ベーシック)やJavaなどで書かれたウィルスプログラムでリッチテキスト
(HTML 形式)や、ワードエクセルなどのデータファイルの中に埋め込まれています。
リッチテキスト形式の電子メールや、テキスト形式の電子メールの添付ファイルやデータファイル
(ワード文書やエクセルシート、など)を開くと、ウィルス・マクロプログラムが実行されて、
Windowsのレジスターを書き換えたりファイル・ディレクトリーを勝手に作成したり削除したり
ファイル名を変更したりする。
アドレスに対して自分自身のコピーを電子メールとして送信します。

ワーム
ワームは実行型(EXE)の添付ファイルとして電子メールで送られてきて、自己増殖して電子
メールで自己の複製をアドレス帳の宛先リストに送信したりするプログラムで、コンピュータの
セキュリティを破壊する可能性があります。

ゾンビ
ゾンビはユーザーが気がつかないうちにコンピュータに侵入移植して、設定されている日時に活動を開始して、ネットワークの他のコンピュータを攻撃します。
「通常は侵入移植したコンピュータを損傷することはありません。」
ゾンビプログラムは電子メールの添付で送られてくる場合があります。

ボット(Bot)
ボットとは、コンピュータ・ウィルスの一種で、知らないうちにコンピュータに感染し、そのコンピュータを、外部からインターネットを通じて操ることを目的として作成されたプログラムです。
感染すると、外部からの指示を待ち、与えられた指示に従って、例えば下記のような悪さをします。

1.大勢の人に対して迷惑メールを大量に送信する。
2.他のサーバーに対しての攻撃活動をする。
3.ネットワークをとおして他のコンピュータへの感染活動をする。
4.個人情報などを特定のサーバーに勝手に接続して送信する。
5.パスワードや暗証番号を盗み出したりする。
6.メーラーのアドレス帳に登録しているアドレスを収集する。
7.同種の「ボット」に侵入されたパソコン同士は、「ボットネットワーク」と呼ばれるものを作り、
   お互いに収集した情報を交換しあう。
   ボットは、セキュリティホールやネットワーク共有でパソコンの所有者が気づかないうちに
   パソコンに侵入します。メールの添付ファイルから感染するといった形ではないため、
ボットがパソコンに侵入していることに気がつかないことが多い。
[PR]

by sen1949 | 2008-06-29 15:16 | パソコンのお話

<< パソコンのお話 NO6-2 渓流に挑戦 >>