メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

カテゴリ:和歌100種( 21 )

今日の和歌



ももしきや
 古き軒ばの
     しのぶにも
   なほあまりある   
        昔なりけり
     
                  順徳院
b0056282_23465595.jpg

by sen1949 | 2007-07-04 19:40 | 和歌100種

百人一首(1日1首)




花さそふ
  嵐の庭の
    雪ならで
  ふりゆくものは
     わが身なりけり

こぬ人を
   まつほの浦の
       夕なぎに
    焼くやもしほの
      身もこがれつつ

風そよぐ
 ならの小川の
     夕ぐれは
   みそぎぞ夏の
      しるしなりけり

人もをし
  人もうらめし
    あぢきなく
   世を思ふゆえに
       物思ふ身は

ももしきや
 古き軒ばの
     しのぶにも
   なほあまりある   
        昔なりけり

by sen1949 | 2007-06-29 08:46 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



きりぎりす
   鳴くや霜夜の
  さむしろに
    衣かたしき
    ひとりかも寝む

わが袖は
 潮干にみえぬ
   沖の石の
  人こそしらね
     かわくまもなし

世の中は
  つねにもがもな
     なぎさこぐ
    あまの小船の
       綱でかなしも

み吉野の
  山の秋風
    さ夜ふけて
  ふるさと寒く
      衣うつなり

おほけなく
  うき世の民に
    おほふかな
  わがたつ杣に
      墨染めの袖

by sen1949 | 2007-06-22 23:15 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



なげけとて
  月やは物を
    思はする
   かこち顔なる
     わが涙かな

村雨の 
  露もまだひぬ
    まきの葉に
   霧たちのぼる
      秋の夕ぐれ

この歌は仙人が五歳の時初めて覚えた歌です。
私にとって 百人一首の原点になった思い出の歌・・

難波江の
  蘆のかりねの
      ひとよゆえ
    みをつくしてや
     恋ひわたるべき

玉の緒よ
たえなばたえね
   ながらへば
  忍ぶることの
      弱りもぞする
見せばやな
雄島のあまの
    袖だにも
   ぬれにぞぬれし
      色は変わらず

by sen1949 | 2007-06-14 09:16 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



ほととぎす
  鳴きつる方を
     ながむれば
    ただありあけの
        月ぞ残れる

おもいわび
  さてもいのちは
      あるものを
  憂きにたへぬは
        涙なりけり

世の中よ
  道こそなけれ
   思ひいる
  山の奥にも
     鹿ぞ鳴くなる 

ながらへば
  またこのごろや
      しのばれむ
  憂しと見し世ぞ
        今は恋しき

夜もすがら
  物思ふころは
      明けやらで
    閨のひまさへ
     つれなかりけり

by sen1949 | 2007-06-04 18:18 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



わたの原
  こぎいでてみれば
      久方の
    雲いにまごふ
         沖つ白波

瀬を早み
  岩にせかるる
    滝川の
   われても末に
     あはんとぞ思う

淡路島
  かよふ千鳥の
    なく声に
   幾夜寝覚めぬ
      須磨の関守

秋風に
  たなびく雲の
     たえ間より
   もれいづる月の
      影のさやけさ


長からむ
心もしらず
     黒髪の
   みだれてけさは
      ものをこそ思へ

by sen1949 | 2007-05-28 08:53 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



夕ざれば
  門田の稲葉
    おとづれて
   葦のまろやに
      秋風ぞ吹く


音に聞く
  高師浜の
    あだ波は
   かけじや袖の
      ぬれもこそすれ

高砂の 
 をのへのさくら
      さきにけり
   とやまのかすみ
    たたずもあらなむ

憂かりける
  人を初瀬の
      山おろし
   はげしかれとは
      祈らぬものを

ちぎりおきし
  させもが露も
     いのちにて
   哀れことしの
      秋もいぬめり

by sen1949 | 2007-05-18 01:40 | 和歌100種

百人一首(1日一首)



もろともに
  あわれと思へ
    山桜
   花よりほかに
     しる人もなし

春の夜の
  夢ばかりなる
      手枕に
  かひなくたたむ
     名こそおしけれ

心にも
  あらでうき世に
    ながらへば
    恋しかるべき
      夜半の月かな

あらし吹く
  み室のやまの
     もみじばは
   竜田の川の
      錦なりけり

さびしさに
  宿を立ち出でて
      ながむれば
    いづこもおなじ
        秋の夕ぐれ
b0056282_9331897.gif

by sen1949 | 2007-05-12 09:47 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



いにしへの
   奈良の都の
       八重桜
    けふ九重に
      にほひぬるかな

夜をこめて
  鳥のそらねは
     はかるとも
    よに逢坂の
       関はゆるさ

いまはただ
  思ひ絶えなむ
     とばかりを
   人づてならで
     言うよしもがな

朝ぼらけ
  宇治の川霧
    たえだえに
  現れわたる
     瀬々の網代木

うらみわび
  ほさぬ袖だに
     あるものを
  恋にくちなむ
     名こそおしけれ


b0056282_1427774.jpg

by sen1949 | 2007-04-29 08:55 | 和歌100種

百人一首(1日1首)



あらざらむ
  この世のほかの
        思ひ出に
   いまひとたびの
      あふこともがな

めぐりあひて
   見しやそれとも
      わかぬまに
     雲がくれにし
       夜半の月かな

有馬山 
  猪名の笹原
      風吹けば  
    いでそよ人を
       忘れやはする

やすらはで
  寝なまじものを
     さ夜ふけて
    かたぶくまでの
       月を見しかな

大江山
  いく野の道は
      遠ければ
   まだふみもみず
          天橋立
b0056282_2135262.jpg

by sen1949 | 2007-04-24 19:32 | 和歌100種