人気ブログランキング |
メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2005年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

水車

南阿蘇村 あそ望の郷 の水車。
b0056282_21534522.jpg

by sen1949 | 2005-02-18 21:55 | photo

ドラム缶 スモーク

b0056282_18492847.jpg2月8日
6日の炭の窯開きに参加できず 今日焼きあがった炭をいただきに三重町へ
なんとも虫のいい話なのですが・・・・
ところが行ってみるとなんと スモークの準備が・・
そこで 仙人は マロンと一緒に 桜の薪割りを・・・

b0056282_1849465.jpg
牛肉 豚肉 鳥などの材料の下ごしらえも整い 樫炭と桜を燃やしドラム缶の準備もOK
☆ 写真は いぶしている所




b0056282_18551241.jpg
☆ いぶし完了  この香り ドラムのんふたを開けた瞬間がたまらない・・・。





b0056282_1955733.jpg
☆ スモーク完成!
 早速取り出して・・・







b0056282_1982991.jpg
☆ 切り分けてお皿に盛り付け あとは試食会 ビールでカンパーーイ!

☆ 牛 豚 鳥の組み合わせ 時間があれば 別々に仕上げた方がよい


☆ 3種類の中間素材豚にあわせたため 牛肉が 若干固めの仕上がりに・・
   しかし味はいうことなし  素人男の手料理 大成功!! 
☆ 今回はあまり時間がなかったため 温薫で下ごしらえから 約1時間で完了。
  時間があれば じっくりと 冷薫すれば また一味違った仕上がりに・・。
☆ 帰りはもちろん マロンと仙人は 後部座席でお昼寝でした!!      

by sen1949 | 2005-02-08 19:18 | 男の手料理

雪道走行

 (2月1日)   阿蘇 夜峰 強風のため地吹雪が起きている。
b0056282_19381016.jpg

今回テスト走行使用車 前輪駆動 4輪スタッドレス装着 2400cc 積雪20cm 
b0056282_1940467.jpg


久しぶりの積雪です。
くぎのは1日14時現在 15~25cmの積雪。
山道は 20cm程度で轍は無し。
県道28 は数センチの積雪と 路面凍結  農道は 強風のため積雪は吹き飛ばされている所もあるが 吹き溜まりに注意が必要。

上写真の車での走行テスト 

① 路面凍結 積雪2cm 平地 40km走行でのブレ-キング
② 凍結なし 積雪20cmの深雪 勾配5度の下り 30km走行でのブレ-キング
  及びコーナリング
①の結果 ABS作動 約40mほどで停車  スリップなし
②の結果 道路がカーブしているため横方向の傾斜があるので ブレ-キング時に
 ハンドルを取られる。 後輪スリップ  約40mで停車。
 同じ条件のところで20kmまで減速した結果は スリップなし 約18m で停車。

あらためてこのようなテストをしたのは スタッドレスの性能を知るためです。

雪道凍結道路の走行は数千kmになりますが 年齢とともに 反応が遅くなるのは
止めようの無いことです。 そこで現在使用している車の装備で どれくらいの安全が保てるのか知ることが大切だと思っています。

20年前に比べると車の性能ははるかに向上しています が ドライバーの反応は確実に衰えているものです。 今回のテストの結果 ドライバーの衰えを機械がカバーした結果になりました。 しかし 装備を過信することは禁物です。

ただし上記の結果は 雪道走行経験のある場合です。
次ページに雪道走行の留意点を掲載します。









   

by sen1949 | 2005-02-01 21:06 | (おしらせ)

雪道走行時の留意点

走行前
① 車のトラブルを避けるためには 寒冷地仕様をお勧めします。
② ディゼル車の場合 軽油が凍結することがありますので 寒冷地用の軽油を使用。
③ ウインドをっシャー液は 不凍液を使用し 満タンに 長距離の場合予備を忘れずに。
④ スタッドレスタイヤ装着
⑤ タイヤチェーン携行
⑥ スコップ と ロープ できれば古い毛布 手袋 があると便利。
駐車する時
① サイドブレーキを解除し パーキングにセット。
  車の仕様によっては サイドブレーキを解除し ローギヤ-に入れる
② 車止めをした方よい
③ 車の先端を風下に向ける 又は 壁側の風当たりの弱い方に向ける。
走行時  
① 必要以上のスピードは出さない
② 急ブレーキ 急ハンドルは厳禁
③ 車間距離を充分取る
④ 路肩の見極めを確実に
⑤ 強風で気温が低い時は 地吹雪に注意! 降雪時より視界が悪くなる。
  対策は ライトの点灯  自車は停車した方がよい。
  通常は10秒から数十秒で治まります。
⑥ 深雪のばあい 轍が深くなり ハンドルを取られることがあります。

その他
① ドライバー自身の反応スピードを自覚してください。
② 体調を維持すること。(睡眠など)
③ 以上は基本的なことばかりです。 自然の気象変化は予測しにくいものです
  寒冷地にお出かけの時は 状況をよく見て無理はしないことです。
  路面状況により 対処の仕方は異なってきます。
  特にスリップが始まると 知識だけでは止めることは出来ません。
  まずは スリップさせないこ事が大切です。
④ 事故の起きやすい所は 下り坂 緩やかなカーブ  などです。
⑤ スリップしやすいのは 凍結路面はもちろんですが 薄っすらと白く見え始めた
  路面も危険です。
⑥ トンネルの出口は要注意! 瞬間に路面条件が変わりますよ。 
  これくらいは大丈夫! と思う心が一番怖いのです 
     皆さん事故のないように気をつけましよう!! 

by sen1949 | 2005-02-01 21:05 | (おしらせ)