メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

表銀座(通称) 燕黒ー槍ー北穂高ー涸沢ー上高地

2007-10-23
『今回は3名での山行き』
夜行列車は例のごとく 座る席など無い! 
仕事を終え 夕食を済ませて 乗り込んだが またしてもデッキに座り込むことになる。
指定席を確保するほどゆとりが無い!
この頃には 列車の席が無くても 立ったままでもどこでも眠ることができるようになっていた。松本で大糸線に乗り換え有明下車 バスに揺られて 中房温泉 ここから入山する!
いつものことながら 早朝の冷気が眠気を吹き飛ばしてくれる。
パッキンを整えて 靴の紐をゆるめに締め 水を一口! 長い長い1日の始まりである。
続きはMoreをクリック!!

More
[PR]

by sen1949 | 2007-10-23 08:41 | 回想(登山)

比良山系明王谷(口の深谷)から武奈ヶ岳


2007-10-18
今回は 久しぶりの夏登山 比良の明王谷 シャワークライミングです。
昭和46年? 当時は今のような沢登り専用のシューズは無かった。(あったかもしれないが知らなかった) 地下足袋にわらじをセットして滑りをカバーする。
バックパッキンもサブザックでビニール袋をかける。
中は 非常食と着替え救急用品のみ。 あとは12mmナイロンザイル と 細引き6mmを10m×2本 今回は鐙は使用しなかった。
気温は30度を少し上回っていた。
早朝京都を発ち車で朽木村に向かう! AM10:00 明王谷入り口 気温の割には涼しく感じる。 晴天である。シャワークライミングには最適だが 水量は意外と多い。
山を歩き始めて4シーズン目 だが 滝を登るのははじめてである。
子供の頃 丹波の田舎で山で遊びながら育った。その頃はザイルも細引きもない 自然木と岩のおうとつ を頼りによじ登っていた。 登山用語ではフリークライミングだ。バランス感覚はその頃覚えた。
明王谷には入った。 最初は岩伝いに登り始めたがやがて水中に入る。
身を切るような冷たさである。 これで滝を登るのか? シャワーを浴びるのはかなりきつそうだった。 気温は高かったが谷間の日陰で 冷たい水に浸かっているのは想像以上に厳しいものだ。  私は水を避けるために岩を飛び越えた。 いきなり後から大きな声がかかった。
リーダーの声だった。 足元の確認なしに飛び移ったからだ。 「もし滑ったらどうする」「もし浮石だったらどうする」 そのとおりだ 返す言葉も無かった。 ここでも又経験の浅さを露呈してしまった。  山の事故は危険なところではあまり起きない。 なぜこんなところでと言うところでおきやすいものだ。  これは山だけでなく日常の生活でもいえることかもしれない。
※ 10数メートルの滝ノ下に立った。 ホントにこれを登るのか? どう見ても取り付がない。
しかし近づいてみると僅かな手がかりと足場があった。 すでにしぶきでびしょ濡れである。
あまり手間取ると身体が冷え 手指の感覚も鈍くなる。 意を決して 踏み出した (いきなりスリップ) 「これは手ごわいぞ!!」 身体一つ分持ち上げたところで 次の手がかりが見つからない。 仕方なく数メートルトラバースして細い立ち木にしがみつき なんとかクリアーできた。
その後は意外と簡単に登りきった。 ザイルを降ろし 後続の安全を確保する。
全員登りきるのに20分ほど費やしたか?  最初の難関を無事クリヤー。
それから順調に沢を詰め いくつかの小滝をクリヤーしながら やがて水が無くなった。
そこは岩肌から水滴が滴る。 これが明王谷の水源なのか? 手で掬って飲んでみた。
「旨い実に旨い」 岩清水であった。 最後は少しの藪扱きを強いられたが 尾根筋に出ると強い日差しが待っていた。 もうすぐ武奈山頂(1214m)である。 ぬれたい服を絞りながら・・・
恒例のビールで乾杯。  遅めの昼食を取っている間に Tシャツは乾き始めているが 濡れたパンツがなんとも気持ち悪い。 下山は通常の登山道である。
いろいろ失敗もあったが 無事 初めてのシャワークライミングを体験し 通常登山との違いを認識した。 しかし滝に打たれながら 歩くのは 雨より気持ちの良いものであった.
僅か数時間の山行きであったが 印象深い登山になった。

次回は表銀座です。 
[PR]

by sen1949 | 2007-10-18 21:29 | 回想(登山)

初めての登山(上高地から槍ヶ岳奥穂縦走)

no.1[10-5]
no.2[10-7]
no.3[10-13]

no.4[10-16]


b0056282_1725682.jpg

No,1 2007-10-5
初めての登山と言っても 山の中で育った仙人にとっては 日常の延長でしかなかった。
昭和43年秋: 会社の先輩から急に山に行こうとの誘いを受けて、軽い気持ちででかけた。
登山靴はおろかザックも山の服も何も持っていない。 行き先がどのようなところさえ分からない。 でも不安はなかった。
急遽会社の山岳部の方に装備一式を借りて、3食分の非常食と水 着替え1回分を詰め込み夜行の急行に乗り込んだ。 記憶が定かではないが たぶん「千曲」だったと思う。 週末だったため 座る席もなくデッキに腰を下ろし 大阪から 一路木曾福島へ。 着いたのはたぶん午前3時ごろ?  
御岳交通のおんぼろバスに揺られて上高地へ向かう。
※ 上高地は夜明け前だった。
坂巻温泉 釜トンネルを抜けると大正池が見え始め やがて上高地に入った。
荷造りをととのえ 青りんごをかじりながら靴の紐をゆるめに締めた。
入山届けを書いた。 すべてが初めての体験だったが緊張感はなく、これからやってくる苦しさを予感することもなかった。
いよいよ出発 !!!!!
続きは Moreをクリックしてね!!

More
[PR]

by sen1949 | 2007-10-06 17:57 | 回想(登山)