人気ブログランキング |
メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ski

b0056282_19212452.jpgb0056282_19214837.jpgb0056282_19221152.jpg








              霧氷                 最上部から                   上空を見上げると
五ヶ瀬スキー場 今日19日 気温マイナス4度 1000m滑走可能 早朝は人工雪とは思えないほど良い感じの雪!! 
向坂山標高1610mから 190m/1000m を一気に滑る これが南国宮崎とは誰が想像できるだろうか? 
北海道のビックゲレンデとは比較にならないが 雪質だけを比べると決して引けをとらない。
「但し低温午前中が条件だが」 土曜日というのにリフトの待ち時間がほとんど無し。
これで営業採算は・・・?心配するするものの 滑るものにとってはありがたいことだ。
先週は 女鹿平 早朝6:30から アイスバーンと粗目雪 コンデションはやや不満だが 2300mのダウンヒルは爽快だった。 
ナイターの光の中で自分の影を見ながら・・・
雪不足の昨シーズンに比べると 今シーズンはまずまずなのだが やはり温暖化を感じさせられる。  
次回は 4歳になったばかりの孫娘のレッスンが待っている!!

by sen1949 | 2008-01-22 19:52 | photo

女鹿平スキー

b0056282_914415.jpgb0056282_9145774.jpgb0056282_9151697.jpg










b0056282_9161610.jpgb0056282_916412.jpg
上段左   午前6時30分女鹿平最上部週末はオールナイト
       営業!
上段中央 午前7時15分夜明け 霧氷も見られる!
上段右   写真を撮って サア2300mのダウンヒルに挑戦!
下段左   ボーダーがレスキューのお世話に 
       スノーボートで下ろされるっところ!
       この日は6時間でレスキュー2件 パトロールの
       指導に難があるかも? ボーダーのマナー悪い! 
下段右   女鹿平中腹の休憩所 お昼は満席に 
       時間をずらすと良い。 
※写真はクリック拡大です。

熊本発 九州道 中国道(約4時間) 吉和ICから数分で女鹿平に着く。
週末 オールナイト 平日ナイターは21:00まで。
雨上がりの女鹿平は センターコース(ナイターゲレンデ)の中央部がアイスバーンになっていた。 気温がたぶん-6℃位だったか? 夜が明けて少し気温が上がると粗目の雪(アイスクラッシャー)で比較的滑りやすくなった。 アイスバーンは初心者ではエッジが効かないので避けたほうが良い。 人工造雪機がたくさんあり 70cmほどの積雪が確保されていた。
リフトもホットシートで快適なのだが 残念なのは リフト待ちの列が乱れていた。
また休日のせいか ボーダー比率も80%以上と高く コース内に座り込むなどマナーの良くないものが目立つ。  コースはほとんど中級程度だが 2300mのダウンヒルもあり中国地方のゲレンデとしては評価できる。 上部と下部では雪質に大きな変化があるので要注意です。
アフタースキーは 水着で入れる温泉などもあり比較的充実している。
雪を落とすブラシが無かったが 温水洗浄設備があった。 
凍りついた雪を落とすにはこの方が良い。 入場料金500円はリフトと別だが 駐車量が無料なのが嬉しい。 総合的には GOOD ただし平日に利用したほうが快適かな?
この日は 日曜日しかも連休とあって 10:00くらいから混雑が始まる。
ゲレンデも座り込むボーダーが多く その間隙を縫いながら滑る。 パトロールによるレスキューを2件見た。 自分の技量にあった滑りを心がけてくださいね!
※パトロールさん  放送で呼びかけるだけでは ボーダーの耳に届きませんよ。
コース内で座るのは危険!! もう少し目配りを。。。。
2008年1月13日 おじさんスキーヤーでした。

by sen1949 | 2008-01-15 09:26 | photo

雪の久住

b0056282_9595033.jpgb0056282_100664.jpgb0056282_1002512.jpg











b0056282_1004313.jpg

久住山山頂から雲海に浮かぶ 根子岳と高岳
b0056282_100449.jpg

1月8日 山並み凍結なしということで 急遽九重へむかう。
牧ノ戸のパーキングは10台ほどの車が・・
その中で アイゼンを装着しているカメラマンを見つけた。
同行者はし初心者で そのアイゼンを見て不安そうな顔!
最初の入山路は約10cmの氷その上に数センチの雪 仙人は今日はアイゼンはいらないと判断する。
9:45 入山 凍結した道だけど意外と滑らない。 15分で東屋のところ その先は日が当たり始めていたが やはり同じ路面だ。 同行者はまだ不安が消えないらしい。
15分で最初の岩場に到着 ここを過ぎればなだらかな尾根になる。
歩くところは良くしまって夏山より歩きやすいが 少し側によると50cmほどの積雪で
膝まで浸かってしまう。
天気はいいし石ころは埋まっているし 実に快適な登山である。
このあたりから同行者も不安が消えたようだ。
3名2組の登山者に追いつきほっとしたのだろうか?
最後のガレ場を上り詰めると強風を避けて岩陰で弁当を広げる4人連れがいた。
ピークまで2時間半を要したが 実にさわやか。。
山頂は気温0度 北西の風約7~8m
南を見ると雲の上に根子だけの頭が見える。 隣に高岳も・・・
北側は綺麗に晴れて快晴だった。
少し下ったところの岩陰で昼食を摂り 12:45下山開始。
往路快適だった尾根筋も  解けてぬかるんでいた。
ぬかるみを避けながら歩くと意外と時間を要する 降りに2時間も要していた。
今の時期天候さえ良ければ 夏山より快適である。
今日は20名ほどの登山者に出会ったが 平日であるのに意外と若い方が多かった。
数日早ければたぶん霧氷に出会えたのだが・・・

by sen1949 | 2008-01-09 10:19 | photo

氷結 阿蘇仙酔峡

b0056282_2357497.jpg
b0056282_2358580.jpg
b0056282_10233134.jpg
b0056282_10234690.jpg

仙酔峡の 氷結を見に行った。
2歳 4歳の孫と一緒に・・・
ミヤマキリシマの散策路は雪があったが 遭難者記念碑まで登る。
凍りついた岩によじ登りながらはしゃぎまわる孫たち この夏は久住挑戦が待っている。

by sen1949 | 2008-01-04 23:59 | photo