メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

仰烏帽子(福寿草)

「福寿草」 雪解けを待ちかねたように・・・・日差しを浴びて・・。
b0056282_12102758.jpg

元井谷登山口
b0056282_10233931.jpg

ここで入山届を出します
b0056282_10245181.jpg

入山します
b0056282_10255139.jpg



仏石頂上にて 2011-2-16
b0056282_19141977.jpg

b0056282_18162713.jpg


b0056282_101223.jpg


福寿草を求めて 元井谷から入山した。
今回は2名で・・
南阿蘇7:45   
宮原~五木線 大通りトンネルの前後に積雪あり  スタッドレスの4WD(軽トラのジャンボ) 全く問題なく よく走ってくれる。
10:00少し前に登山口到着
今日の元井谷コース 登山口の雪質から見ると アイゼンは不要と判断した。
しかし 一応ザックに忍ばせていくことに・・
10:20から行動開始
20名くらいは先行者がいるのか 踏み跡がよく締まっている。
しかし 時折踏み抜いた跡がみられる。
シカの足跡が頻繁に出てくるが姿は見えず・・
尾根筋まで登り 仏石へ ここで昼食(12:00ごろ)
ついでに仏石に登ったが 取りつき付近は 腰までの積雪
誰も入った形跡なし  踏み固めながら 僅か数メートルに5分も要した。
雪はあったが 凍結はなく問題なく登れた。

周囲を見渡すと 仰烏帽子山頂付近に嫌なガスがかかり始めている
遠く 一房方面はすでに霧の中  気圧も急激に下がっている。
少し周囲を散策したが 福寿草は雪の下のようだ。
天候が崩れ気味なので急いで下山する。
途中霧雨に濡れるが問題はなく 14:20下山完了。

登山届の用紙の半分を切り取って持っていけば 温泉の入浴が半額 につられて入浴に。
なんと 大きなお風呂独り占め 女性のほうも一人だったそうな!
ミストサウナもあり 結構なお湯 だけど 露天風呂の目隠し 
これはいけません。 露天風呂は景観も楽しみの一つです。
川辺川ダム(中止になればいいな) その代り 地域振興予算を・・・

五木の方たち 行政に策を求めてもだめですよ。
振興案は自分たちで作り その費用を政府や県に求めたほうがいいですよ。
初めて現地を訪れて 宝の山が見えました。

「福寿草 雪をかぶりて 見えねども  さくら一輪 仰烏帽子」これって なんのこっちゃ 意味不明??
いやいや わかる方もおられるかもね
[PR]

by sen1949 | 2011-02-11 15:01 | 回想(登山)

長崎ランタン

b0056282_2271098.jpg
b0056282_2273440.jpg
b0056282_228863.jpg

4年ぶりに 長崎へ
14:00頃阿蘇を発ち  17:30長崎着
車を駐車場に入れ(思案橋) 外に出るとあたりは薄暗くなり始めていた。
人ごみに紛れ 浜街方面へ・・
角煮まんを食べながら 中央講演会場に向けてゆっくりと・・・
途中お土産を買ったり 写真を撮ったり・・・・
前回に比べると 寒さはそれほどでもない。
会場に着くと ニコの演奏が聞こえてきた。
孫たちのお相手をしながら 席を物色するが どこも満杯
暫くすると 蛇踊りの準備が始まった。
ロープを張り巡らす係りの方たちが忙しく動く
人の移動が起きた。  運よく ロープ際  演技会場の最前列に位置することができた。
赤蛇(地元の女子高生が操る) 緑(青蛇)との競演が始まる。
もってこーーーい もってこい の掛け声(アンコールの呼び方)で 何度も何度も
入退場を繰り返し 堪能させてくれた。

暫く時間を置いて中国雑技団の演技
椅子席には座れなかったが立ち席最前列だったので よく見えた。
途中で目の前の椅子席が空いたので 座ってゆっくり見ることができた。
21:30演技終了  駐車場に向けてゆっくり徒歩を進める。
高速を走り(1000円はありがたい) 深夜2時前に帰宅
ほぼ12時間の行動だったが 比較的気温が高かったのでそれほど疲れもなく
楽しむことができた。
[PR]

by sen1949 | 2011-02-06 22:22 | photo