メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

震災関連3

002.gif悲しい007.gif涙が出るけど051.gif手を・・・

震災発生2週間
日を追うごとに被害拡大

アクセス道路や鉄路の復旧は少しづつ進み 物資も潤沢とは言えないまでも 行きわたり始めた。

衣・食・住 というが 災害時はまず 食だろう 次の欲求は衣類を含めた日用品 その次に来るのが
住宅環境だ。
今回の災害の特徴は 範囲が広く規模も大きいということ
当然復旧には時間がかかる
まず 被災者の衣・食を満たす為の物資の供給だが 個人レベルの支援では無理がある
事実企業が支援物資を調達し始めている。
問題は 適材適所の配送になる。 現状では混乱しているようだ。

提案: 民間の物流センターをスタッフごと借り上げて  そこに物資を集約し 仕分け作業をし
現地の配送するシステムを早く構築すること。

大量の物資の仕分けは素人ボランティアでは無理だ。
物流のプロたちの力が必要だ。

さてもう少し先の住環境だが 避難所にすし詰めではすぐに限界が来る。
かといって 仮設住宅にも限界がある。
いま 各自治体レベルで公営住宅の提供も進んでいるが 温度差が激しい。

個人の空き部屋 宿泊施設の部屋提供など登録窓口を広く告知すると良い。
それを 現地県庁または市役所が避難民に振り分けると 一月もすれば
けして 贅沢はできないが ある程度プライバシーの保てる住環境は整う。

狭い日本でこれだけ広範囲な大規模災害は 一人ひとり 各家族単位 行政単位
密な連携を保ちながら協力しないと乗り切れないのではないか?

仙人は 昨夜岩手県に部屋提供の意思を伝えた。
[PR]

by sen1949 | 2011-03-23 10:21 | 震災関連

東北 関東大震災 

007.gif 10日目を迎えた大災害!
今まで 通信の混戦や 確証のない情報しか持たないなどを考慮し 書き込みを控えてきました。

今回被災された皆様 お見舞い申し上げます。
また犠牲になられた皆様とそのご家族様 に お悔やみ申し上げるとともに 冥福をお祈りいたします!

今回は 20日現在 まだ混乱のさなかにあり 私がが現地入りできる環境ではないと思えます。

今できること 乏しい情報を基にしての判断になりますが ①総合 ②支援  ③怒り 三つのカテゴリに分けて 投稿したいと思います。

神戸の体験を元にしている部分もありますが 今回は神戸の時とは 被災規模 や 大気汚染など
相当大きな相違点がありますので 的が外れるところがあるかもしれません。 


このページは震災に対するいろいろな見方など・・・を Moreに 書き加えながら進めていきます。

More
[PR]

by sen1949 | 2011-03-20 13:19 | みずからのメッセージ

震災地ボランティアについて

 東北地方へ 現地入りを考えている皆様へ

一人でも多くの現地入りを望みますが

① 自己完結型(衣食住すべて自給自足できる準備を)
  ただ入っただけでは被災者の皆様に大きな迷惑をかけます。

② 現地登録型のボランティアであっても 自分で考えて行動できる 判断力が必要です。
  マニアルがないと動けない方は入らない方が良い。

ちょっと中断後刻書き込み



⑩  最後に一言 災害ボランティアは あくまでもお手伝いさせていただくという謙虚な気持ちを忘れないでください。
  そうでなければ 不平不満が生じ トラブルのもとになります。
  (神戸でもみかけました)
[PR]

by sen1949 | 2011-03-20 09:59 | みずからのメッセージ