メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

震災支援第一陣帰熊

東日本大震災被災者支援活動 第一陣 4000kmの旅下記のとおりです。

熊本益城町5月20日15:00被災地に向けて出発
5月21日14:00石巻ボランティアセンターにて打ち合わせ
気仙沼到着19:00車中仮眠
朝市会場5月22日3:00炊き出し300食 青森のりんご配布2箱
炊き出し終了後 気仙沼 南三陸の被災地視察
石巻ボランティアセンター経由 黄金浜会館現地確認
黄金浜会館5月23日9:20ラーメン炊き出し340食
結トレック2名 付近の個人宅訪問支援活動約2時間30軒
14:303名で女川被災地視察
石巻ボランティアセンター5月24日11:15ボランティアの人たちに360食提供
結トレック2名 付近の個人宅訪問支援約活動2時間20軒
保育所2件訪問
仙台5月25日9:001号車熊本に向けて出発
9:002号車仙台 塩釜 松島 東松島 視察
15:002号車熊本に向けて出発
熊本益城町5月26日17:00帰着

今回の支援は 九州ラーメン党を核として 結トレック 個人参加者 計8名で被災地に向かい
気仙沼の朝市 石巻渡波(黄金浜会館) 石巻専修大学構内 の3箇所で計1000食の
ラーメン炊き出しを行った。  
そのほか 結トレックの2名は 移動途中や炊き出しの合間を使って 兵庫県のチーム提供の 
エコたわしを配布しながら 70軒の個人宅訪問 2箇所の保育所を訪問し支援活動を実施した。
総走行距離約4000kmという遠隔地であること 現地を知るメンバーがいないという事情もあり
タイムロスも少しあったが 現地BC の手を借りることもでき 比較的スムースに
予定の支援活動を行うことができたと思う。
※ 現地の必要とする支援は日を追うごとに変化する  災害発生当初はまず身の安全の確保
  翌日からは 第一に食  第二は衣類  第三は住環境(寝る所)  そしてライフラインの
  確保と進む。  一月 二月と時間の経過とともに ライフラインが復旧し始め 店舗も少しずつ
  開き始め  道路の瓦礫も片付くと  買い物の足が必要となる。  しかし 車両の多くは
  津波で流されまたは冠水で使えない。  現状もとめられているのは自転車との話が出た。
  また被災地に寄るのだが ノートやエンピツすら入手困難という所もあった。
※ 今 被災者は復興に向けて 1歩踏み出そうともがいている。
  マスコミのうわべだけの偏った報道が 彼らの足を引張っているかもしれない。
※被災者たちの要望として 
「熊本に帰ったら 見たこと 聞いたこと 感じたことを ありのままを伝えてほしい」 
この言葉に現地入りした私は大きな責任を感る。
b0056282_21464293.jpg

今回支援のため現地入りのメンバーです

b0056282_034912.jpg

津波の威力  車が逆立ちに
b0056282_0687.jpg

指差す先には 仮埋葬された遺体が横たわっている。 合掌!!
女川町立病院にて
[PR]

by sen1949 | 2011-05-31 23:55 | 震災関連

女川町立病院から

b0056282_7394973.jpg

石巻市女川 の状況 ビルの屋上に自動車が・・・信じられない光景が広がる!
遠方の山肌にある小さな公園は 被災者の遺体が仮埋葬されているそうだ・・
屋上の車の所有者に会うことができた。 自宅はビルのすぐ近くだったそうだが跡形もない。
奇跡的に命をつないだ彼は いま病院で車の誘導をされています。
高台にある病院も約2m津波によって浸水した。
このあたりの津波は18mほどに達したそうだ。
目の前を流される人を助けることもできない・・・
神戸では 焼け死んでいくわが子を泣き叫びながら 見送るご夫婦にあった。
形こそ違うが 私にはこの映像が重なって見えた。
[PR]

by sen1949 | 2011-05-25 07:46 | 震災関連

石巻黄金浜へ

今朝は良い天気の予感がした。
7:00仙台のホテルを出発
三陸道渋滞のため 到着は20分遅れになる。
黄金浜渡波の黄金浜会館にて ラーメン340食の炊き出しをした。
この地域は 大津波に呑まれ 多くの犠牲者が出ている。
家のある方も 1階は使用不可  二階に寝泊まりしながら2か月余りたったが
ライフラインがまだ途絶えたまま。
実にひどい状況だ。
ほんの数百メートル離れると すでにライフラインが復活し日常の生活が戻っているところもあるのに・・・・

1:30炊き出し終了
私たち2名は1時間の別行動で 渡波の東部を訪問する
兵庫県の友人に託された エコたわしの配布をしながら 一人一人の状況の聞き取りを行った。
地域によりこれだけの差があるのは地形の問題だけではなく 行政の対応の仕方が関わっていると思う
[PR]

by sen1949 | 2011-05-23 18:02 | 震災関連

気仙沼に入りました

21日夕刻  気仙沼に到着
朝市関係の方たちの出迎えを受け 支援の打ち合わせ後 車中泊。
22日 3:00 炊き出しの準備にかかる
5時ごろには 120名ほどの行列が・・・・
ガスの搬入遅れから準備が少し遅れたにもかかわらず 誰一人不満の声もなく・・・
1時間余りで 300食のラーメンと  青森からの支援品 リンゴを3箱配布しました。

気仙沼から南三陸の海岸を見ながら石巻へ移動
石巻ボランティアセンター(専修大学内) にて 支援の打ち合わせ
その後23日の支援先 石巻市黄金浜に向かった。
橋を一つ渡る  トンネルを一つ抜ける  景色は一変する。
日常生活ををする地域から 瓦礫の山へと・・・・
明日はここで支援・・・・
不安がよぎる  水はどう確保すればよいのか???
ガスは・・・
本当にこの廃墟で炊き出しをして 人が集まるのか?
とりあえず セッティングの場所を確認し 今日の活動は終了
仙台もホテルにチェックインした。

あまりの惨状に言葉の出ない。
そのかわり 自然に涙が流れる・・・
これって現実なのか?
こんな光景が先進国といわれる日本で起きているなんて・・・

17年前に見た神戸の惨状 その何倍もの規模・・
2か月たっても まだ見つからない遺体が取り残されているという・・
津波の恐ろしさ 強力さを感じながら・・・
写真がまだ整理できていない・・今夜は少しでもアップしたい。
[PR]

by sen1949 | 2011-05-23 05:33 | 震災関連

第一陣 出発

東日本大震災救援隊 5月20日 15:30 熊本を発ち 気仙沼に向かいました。

5月21日午前4時  北陸自動車道 越前付近を走行中
午前中に仙台に入る予定。
石巻にはお昼過ぎ 情報を収集し 夕方には 気仙沼に入ることができそうです。
[PR]

by sen1949 | 2011-05-21 04:12 | 震災関連

東日本大震災救援隊日程決まる

救援隊出発に向けて 準備を進めてきました。
いよいよ 20日の午後 熊本から 気仙沼に向けて 第一陣が出発します。
メンバー8名が 車両2台に分乗し 救援機材を積んで 約1700km 走行し 21日の夕方現地に入ります。
22日早朝  気仙沼朝市 にラーメンの炊き出しで参加  その後 一度仙台の基地に戻り
23日からは 石巻を中心に活動し  25日の午後熊本に向けて 帰路に着きます。
メンバーのうち一人は 約1ヶ月の長期滞在を希望していますので 条件整備が整うよう手配が必要!
活動の内容は 
1 各被災地でのラーメンの無償提供。
2 保育施設など 幼児を対象にした童話の朗読テープ の提供
3 避難所の方たちとのコミュニケーション
4 被災した子供たちとのふれあい
などなど  その他
現地に入り 目で見 耳で聴き 肌で感じ その場で必要なことは何でもやる。

原発の事故の影響もあり 比較的安全と思われる地域で 支援の少ないところに 目を向けようと思うが
あまりにも範囲が広く 甚大な被害もあり 効果的な支援ができるかどうか? 不安もあるが
今までの経験と 新しいメンバーのアイデェアを生かせば きっと 喜んでいただける支援ができると思う。
現地レポートもできるだけ詳細に伝えたい。

私たちの活動を支援してくださる 皆様 まことにありがとうございます。
現地入りするのは私たち8名の予定ですが それを支えてくださる方たちは多数存在します。
その皆様の優しい気持ち 現地に届けます。

チームメンバーは 比較的年齢層の高い構成です。
長距離 長時間 体調維持も相当注意を払わないと・・・・
今回は 車中泊とホテル泊を併用し 体力の回復 体調維持に配慮しています。

この企画が 成功するか否かは 参加メンバーがどれだけ同じ方向を見ることができるかにかかっています。
何とか第2陣 3陣に繋げるような働きができればとの思いを持ちながら・・・・・
[PR]

by sen1949 | 2011-05-10 22:19 | 震災関連

出発準備

市民ボランティアネットワークでは
4月29日 5月1日 JR熊本駅でボランティア支援募金を行いました。
ご協力くださった皆様ありがとうございます。

5月20日熊本出発に向けて ただいま準備中!
連休が明けると 8日にミーティングを行いここで大枠が決定し
準備作業を加速させます。

現在 阿蘇の仙人は ルミナスにお宿泊のお客様にサービス中!!
準備は一時中断しています が 個人的にはいつでも出かけられる準備は整っています。
衣類 シュラフ 食料などパッキングされたザックを担げば 1週間は問題なくすごせます。

ボランティアの皆さん  携帯トイレって知ってますか?
山を歩くからなら必携品だけど・・・ 非日常の空間では必携品ですよ。 これ便利  お進めーー
[PR]

by sen1949 | 2011-05-01 16:42 | 震災関連