人気ブログランキング |
メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

久しぶりの京都

久しぶりに 京都を訪ねました
紅葉の清水寺 と 東福寺
以前住んでいたマンションを訪ねると 懐かしいお顔に接することもでき・・・
最後は 岩清水八幡宮へ 二人の孫と走りながら登る。
両親とばあちゃんはついて来れず・・・??
至る所に 高速道路ができている 変わった風景に戸惑いも?
しかし古都 京都は何も変わっていなかった。
b0056282_1153888.jpg
b0056282_11534748.jpg
画像クリック=拡大       2011-11-26

b0056282_14245069.jpgb0056282_14281021.jpg














b0056282_14322466.jpg

by sen1949 | 2011-11-27 07:30 | photo

初めての涌蓋山

涌蓋山 いつも車窓から眺めるだけの山だった。
九重方面に向かうとき 穏やかな稜線を持つ涌蓋山を見ながら いつか登頂をと思いながら
いつでも行けそうで なかなか足が向かなかった。
大崩山に行こうと 大崩山荘で夜を明かしたが 目覚めるとなんと雨!
残念な思い出はあるが中止し引き返した。
今回は天気が良い 晴天 で大崩の再チャレンジも考えたが 時間的にかなりきつい。
KSNハイキングクラブの例会が 涌蓋山だったので 途中合流を目指すことに・・・

 7:30に久木野発   ゆとりを持ったつもりが57は渋滞。
瀬の本についたら ジャスト9:00  いつものマイクロバスが見当たらない???
遅かったかな? 10数名乗車の あづき色のレンタカーが信号を左折したので もしかしたらと思い あとを追いかけました。
ひぜん湯の駐車場に向かったので 多分間違いないと思い
そのまま 一目山の駐車場に引き返しました。

9:30入山 一目山の登りは霜柱がびっしり  9:45山頂には野焼きの輪ちぎりの人が数名
登山者が数名休憩されていた。
阿蘇の山群が素晴らしい 絶景だ!  これから歩く涌蓋方面の従走路も見えている。
ここでのんびりしているとkSNのメンバーと合流できないの出先を急ぐ。 
10:25みそこぶし到着。  ここも素晴らしい眺めだ。 遠く西方に 普賢岳が浮かんでいる。
ひぜん湯からスタートのKSNメンバー 山頂からは人影が見えず・・・
ここで見えなければ追いつけないかなと思いながら先を急ぐことに・・
みそこぶしを半分下った所で 10数名の人影を発見!
このままだと 女岳の登りがあるので追いつけないかも?
途中で合流するには 走るしかないと思い 一気にかけ下り 牧野の平地を走ること10分
涌蓋越え少し手前 牧野の端で何とか追いつくことができました。

樹林がなくなるところまで同行 休憩されたので 写真を撮るために 女岳まで先行
10分ほど待ったのですが 姿が見えず 身体が冷えてきたので 涌蓋主峰へ
山頂到着は11:40 少し引き返し 登りから平坦になるところで昼食を食べながら待つことに・・・・約1時間山頂に滞在し みなさまより一足先に
下山 一目山登山口 14:05  15:20に帰宅
b0056282_21404968.jpg

南阿蘇は雲海
b0056282_21372929.jpg

一目山
b0056282_2142188.jpg


b0056282_21425358.jpg
根子岳&阿蘇の山群













みそこぶしb0056282_2201925.jpgb0056282_2159260.jpg
















b0056282_21522394.jpgb0056282_2271876.jpg
















b0056282_2282054.jpg


b0056282_22103732.jpg涌蓋山頂 快晴
2011-11-16

by sen1949 | 2011-11-18 19:23 | 回想(登山)

真鯛

2ヶ月ぶりの筏釣り
11月7日 晴れ 中潮 満潮 6:16 干潮 12:20
7:00 筏に上がり 仕掛けを作るが 潮がほとんど動いていない
おまけに 昨日作った自作の仕掛け 余分な糸を切ったつもりが なんと ハリスの幹糸を切ってしまう大チョンボ!!  なんだか嫌な予感!  これが的中。
何度仕掛けを入れても 餌はそのまま上がってくる。  1時間  2時間・・・ 我慢できずに朝食タイム
気を取り直して仕掛けを入れるが 状況はまったく変わらない。
11:00もう少しで干潮  潮が込み始める所に期待をしながら お湯を沸かし 焼きそばU-FOの昼食を摂る。
今日本命に狙ったのは カワハギだったが これもまったく当たりなし。
12:30 仕掛けが着低と同時に いきなり穂先が締めこまれた。
これは 30cmのバリだった。  鰭を切り 頭を落とし 内臓を抜いてクーラーへ・・
釣りはじめて5時間余り やっと坊主を免れた。
げんきんなもので急にやる気が・・・
カワハギ竿を横において 真鯛仕掛けにに集中する。
15分後 ゆっくりと潮の流れが変わる。 12:50いきなり 竿先が海中に沈む。
3回大きな締め込みを・・・ そこで抵抗をやめて浮いてきたのは 49cm 1.75kg
鮮やかなブルーの斑点 素晴らしい色の真鯛だった。
その後 また潮がとまり カワハギ仕掛けに一度大きな当たりがでたが 15mほど引き上げた所で外れてしまった。  多分40cm弱の真鯛????
3:30納竿間で8時間30分粘ったが 今日のあたりはこの3回だけ。

帰宅が遅かったため 今夜の夕食には間に合わず・・・ 夕食後に捌いて冷蔵庫に・・
明日は お腹の中で泳ぐことになるのかな??
b0056282_23413187.jpg

by sen1949 | 2011-11-07 23:41 | 阿蘇の仙人大漁記