人気ブログランキング |
メールはこちらから ☆ペンション・ルミナス ☆荒波牡蠣復活委員会 ☆天気予報 ☆世相を見る ☆被災者の声石巻渡波黄金浜地区

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

九重再挑戦 ミヤマキリシマ

b0056282_1643311.jpg
b0056282_16432832.jpg
b0056282_16434653.jpg
b0056282_16441287.jpg
b0056282_16442449.jpg
b0056282_16444584.jpg
b0056282_1645174.jpg
b0056282_16455614.jpg

by sen1949 | 2012-06-11 16:46 | 回想(登山)

日本百名山 三座

6月5日 小雨 強風の中  日本百名山を目指す 近畿地方からの来客があり 九重山  祖母山  阿蘇高岳登山に同行した。
10名中3名はすでに百名山を走破されたツワモノ!!
また2名の方は 今年中に達成予定と聞く。

夜行のフェリーで別府に到着後 牧ノ戸で合流した。
雨 強風(10~15m)の状況を説明したあと入山 (同行はしたが 私の企画なら多分中止かも?)
過去の山行きで スタート時雨なら中止または延期してきたからだ。
私は シニアの山行きは 安全が第一 けして無理はしない快適登山を信条にしているからだ。
ただ今回のメンバーは 過去の経歴と現在の力量から見て 快適な登山とはいえないと思うが けして危険とか無謀とはいえない。
九重登頂  中岳はパスしたが無事下山。

6日 昨日とはうって変わって 晴れている 目指す祖母山は 前日の雨で ぬかるんでいることが予測されたが 北谷登山口 から 風穴経由で 山頂へ  下りは 千間平コース   予想通りのぬかるみでスリップもあったが これも無事終了。  この日は予定通りのタイムで走破できたので 付録として 竹田の岡城散策を追加した。

7日 曇り空  この日は最後の目的地 阿蘇高岳を目指す
仙酔峡から 仙酔尾根を目指した  曇りで気温も低く しかも微風があり快適な登りになった。
尾根筋から 石舞台に向かうと ミヤマキリシマが8分くらい咲いていたが 花が少ないのが残念だった。
たぶん花芽が虫にやられたのかも? しかし株数も減少しているように見える。
心無い登山家によって 踏み荒らされ 幼木がなかなか育たない。
月見小屋経由で 高岳山頂へ   なんと聞きなれない言葉が飛び交っている  韓国からのツアー客が40名 これには驚いた。
中だけを目指す途中で アラームを鳴らしながらパトロールする男性に遭遇した。
火山ガスの濃度が高くなっているらしい。
できれば引き返して欲しい  もし行くなら自己責任ですといわれた。
山の行動での出来事は自己責任は原則だ。  チームリーダーと私の予測とが一致したので 前進することにした。
「火山ガスは 風の載って流れるが有毒成分は比較的低い所に向かう」そしてくぼ地に滞留し濃度が高まる 「尾根筋は自覚的濃度が薄いし風向きと地形を見るかぎり 大きな危険は生じないとの判断だった」
仙酔尾根を下山する人 や 砂千里方面に向かう人が多い中 中岳 火口東展望所  山頂駅を経て下山完了。  パトロールの助言を無視するのは良くないのだが 規制をかける基準を考える必要があるのではないかと思う。  アラームは鳴っていたが その地点に火山ガスは存在しなかったと言う事実が物語るように正確な情報でなければあまり意味を持たないとおもう。

仙酔峡にかかる ロープウェーの残骸が非常に見苦しい。
これで 観光地として売り込むのはおこがましい気がする。
ジオパーク  環境破壊  など唱えるのであれば まずは不要なものを撤去しなければ・・・・
その点 滋賀県の比良山にかかっていた 施設は 廃止後 コンクリートの1片まで 撤去されたと聞く。
嘉田知事の意気込みが感じられる。 熊本も見習って欲しいものだ。

3日間 三座を制覇しまた一歩百名山完歩に近づかれた皆さん これからも 安全で楽しい登山を続けてください。  また 何時の日か ご一緒させてください。

一月前から壊れかけていた膝も だましだまし 何とか壊れることなく完歩できた。
皆さんありがとうございました。
それから 同行してくださいました I・Yさん お世話になりました。
b0056282_0184043.jpg
b0056282_0254783.jpg
記念撮影の直前に一枚

 誰も意識していない

by sen1949 | 2012-06-09 00:19 | 回想(登山)